2011年4月アーカイブ

離婚届が自分に必要となった

離婚届、此奴を見るのはもう何度目か。数百程度じゃ、収まらんな。何千回目?、とある役場で日々の糧を得てる。

この離婚届と他書類を渡し、受理する役目が専ら担当。けど、ずいぶん増加中。許されん時代・国も存在すると聞き覚えあるが、本国では離婚届が容易に出され過ぎる。

初めから結ばれねばよい。政略や家の縁組でもあるまい、せねばならぬ事情等存在せず、最初から数年で別れるならば無駄とゆうもんだ。

仕事も減って助かる。過ぎれば困るが、程々がベスト。月に幾つ位だろう...百件位?もっと少数が有難い。こんな仕事御免だ。

定時上がりとはいえ、休みに給与安く、家族も放ったらかし...と思いきや、我が妻ではありません?まさかね、妻に事務的説明をする、どうやら取りに来たのは、離婚届。

私も使う日が来るとは思わず。他人を嘲り笑う前に、我が身を正しておくべきであった。後悔尽きぬ事、この上もなく。

一か月後、正式に手続きを済ませ。お互い別々に歩み始めます。

コンパクトデジカメを購入検討

妻が二人目の息子を無事出産!友人達にも祝ってもらい、幸せこの上ありません。でも家族団欒の時間を、今以上増やさなきゃと考えてる毎日!

仕事も順調で残業多い中、子供の成長記録をバッチリ記録に残したい、そんな思いでデジカメを購入検討。希望はとにかく軽く、コンパクトなやつ。

実は以前から一眼レフは持ち歩き、山や川等を暇を見つけてはパシャっと撮りまくり。たまに趣味で使う分には問題無いけれど、重いから携帯性は全くダメ。

日々持ち歩く気にはならん。結局、日常的に利用出来るポータブルサイズが理想。当たり前だが綺麗に鮮明という事が条件。

あとは手ブレ補正機能も必要。やんちゃ坊主の子供と、一緒に遊びながら使う際は、どうしても細かなブレは防げません。ゆくゆくは防水機能もだけど今はいいや。

表情の移り変わりが頻繁シーンでは、シャッターチャンス速いのが理想!でもズーム機能、10倍位あれば十分かも。