2011年9月アーカイブ

今はまったく違うタイプさ

来年、年明け早々、大切な友達の結婚式。遠方はハードル高いなぁー。東京なんだよね。二人共、実家北海道。招待客全員分、宿泊費負担するらしい。

ソレ、北海道で挙げた方が、良かったんじゃん?そう聞いたら、何度もある式場事前打ち合わせが大変だから、良いんだってさ。ナルホドー。

マナーは時代と共に変化。結納に顔合わせ、昔は両方行うの一般的。最近は顔合わせだけで済ませるパターンが、圧倒的多数。既婚友達に聞いてみても、全員そう。

両家で相談することは絶対。どちらかの親が「ちゃんとしなきゃ!」っつーカンジなら、キチンと意見に耳を傾ける。

そのかわり、式会場・スタイルだけは、二人で決めさせてもらう子、多かった。確かに、親が色々決めたっぽいカップルは、ちょう古くさかった記憶・・・。

最近 スロット 勝てない理由、全く不明。「ふふ、まだ甘過ぎやわ」え?「貴方、今、迷い中ね」

そう指摘されると。ほら、30過ぎた大人な訳で、毎日パチ通って大丈夫やろーっつー不安も。「最近 スロット 勝てない理由、それが原因!」

えー、嘘吐け!ぜってーもうちょっち原因ある筈!「何?」分からぬ為に、困ってる!「ふむ、気持理解よ」絶対適当だ...。

「本当、最近 スロット 勝てない理由、きっと気付く事可能!」もう何が目的か一切分からん!

「つまり精神論ね。秘めた不安、戸惑う心が最近 スロット 勝てない理由」ふっきれ、日々打ち込めば大丈夫?「勿論!さ、今すぐパーラーへ」嫌!

「何故?」行くのは夕方、決めたぞ。「夕方?閉店まで時間が」6時間近くあっから、問題は。「それ!」え?

「慢心よ慢心。本当に好きなら朝から晩まで居るべき」いや、金持たぬわ。「えー、大丈夫。ほら、工面してくれる金融機関紹介すっわ」

勘弁、結局そーゆー話かよ。「前ふり長くてごめん。やっぱ一度きりの人生さ」